< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インフォメーション

  

Posted by at

2007年09月03日

古くからある切縫手術が

まずは古くからある切縫手術があるようです。これはメスでホクロの周辺を切って縫う方法なのです。確実ではありますが、ホクロの直径より長い傷が残るようです。現在一般的な方法がレーザー分解なのです。これはレーザーのエネルギーでホクロを分解するのです。ただし、レーザーは光ですので、深さなどのコントロールが困難だそうです。そのため再発する可能性がかなりあるようです。その点、高周波サージトロンならコントロールしやすいため、確実な効果が得られ、仕上がりも非常にキレイだそうです。
はじめは、単純黒子となんら変わりませんが、次第に大きくなったり、盛り上がってきたりすることが多いようです。小さいものは、レーザー治療で切除できますが、大きいものや盛り上がっている場合は、レーザー治療では再発の恐れがあるため、手術で取ることが適しているでしょう。メラニン色素は、もともとは必要以上の紫外線から肌を守るためのものなのです。
なので、複数の病院に言ってみて実際にどの程度掛かるかを聞いた方がいいと思います。それから、1個当たりいくら掛かるという価格設定ではなく、1ミリあたりやレーザー照射1回あたりなどの単位で計算する病院もあると言われているようです。最後に、ほくろ除去のレーザー治療は保険が適用されるか重要ではないでしょうか。普通、保険が適用されるのは日常生活に支障があるものです。
生まれつきのものもありますが、後から出てくるものも多いようです。数が増えたり、徐々に大きくなるものもありますが、そのほとんどが良性なのです。しかし、急に大きくなったり色素が周囲に染み出したり、出血したりするものでは、稀に悪性黒色種と呼ばれるタチの悪いものがあるようです。これは転移がとても早く悪性度の高いものなのです。ですから自分で判断せずにまずは医師のアドバイスを受けるのが賢明ではないかと思います。
  


Posted by ケンタ at 19:32

2007年08月31日

メラノーマは高齢のほうが

ほくろのがんのことをメラノーマと呼ぶのです。つまり、ほくろに関して実際に気をつけなければいけないのは悪性のほくろのほうだと思います。メラノーマは高齢のほうがなりやすいですが、誰にでもなりうることなので心配であれば病院へ相談する事がいいと思います。手のひらや足裏のほくろに関して注意しなければならない点があるようです。
また、ホクロを針などで長期間突っついたりして刺激を加えているとガン化することがあるとも言われていますので、そのようなことは絶対にしないでください。ほくろ除去の価格は、大きさによって変わるのです。直径5ミリ程度のほくろだと、1個取るのに大体5千円前後掛かると言われているようです。価格設定は病院によってまちまちなようです。
それがチャームポイントであるとポジティブに受け止めることができれば、ほくろは悩みではなくなるのではないでしょうか。しかし、ほくろの大きさや場所によって、顔の印象がまったく変わってしまうことがあるようです。ほくろが気になってしまい、積極的になれないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。鎌倉時代の初期に色名のくろとコンタミネーションを起こしてははくろという語が生じて、ハワクロ、ハウクロ、ホウクロを経て室町時代の末期にホクロになったというのが通説があるそうです。
ケースによって違いますが、小さいものはレーザー治療も行えますが、5mm以上の盛り上がっている色素性細胞は再発したり治療痕がくぼんだりしやすいので切除手術をお勧めする場合が多いと言われているようです。ほくろは全身のほとんどの場所でできるのです。人によってほくろの多い場所は違いますが、比較的多い場所というのはあるようです。
  


Posted by ケンタ at 21:23

2007年08月21日

早めの治療を

どのホクロが将来的に大きくなるものかは見ただけでは判断できないようです。よってなるべく小さなうちに治療した方が跡もキレイですから、早めの治療をおすすめします。ホクロがガンであることは極めて稀なのです。ただし、急に大きくなったり、色素の染み出しが周囲へ広がる、出血するなどの症状がある場合、至急、専門のドクターの診断を仰ぐべきだと思います。
はじめは、単純黒子となんら変わりませんが、次第に大きくなったり、盛り上がってきたりすることが多いようです。小さいものは、レーザー治療で切除できますが、大きいものや盛り上がっている場合は、レーザー治療では再発の恐れがあるため、手術で取ることが適しているでしょう。メラニン色素は、もともとは必要以上の紫外線から肌を守るためのものなのです。
不死化細胞とは遺伝子細胞以外の細胞では分裂できる細胞なのです早い子で生まれて半年、1年2年目ももちろん3歳になってからもできたりするそうです。生まれたての赤ちゃんにはほくろは一切ないとも言われていますが、実際には生まれつきほくろがある赤ちゃんもいますし、私自身も生まれつきと言われているほくろがあるようです。ですので、本当のところはどうなんだろうと言うのが本音なのです。赤ちゃんのうちにできるほくろで悪性のものは非常にまれと言われているようです。
毎日少しずつでも続ける事が大切なのです。私の気にしているほくろは、数年前は薄いシミだったのですが、2~3年くらい前に気づいたら少し隆起してきていましたが、シミだったころからそんなに大きさは変わっていませんでした。そして、現在にいたるのですが、現在は大きさは変わってないと思うのですが、なんとなく、今度は色が濃くなってきたように思うのですが。これは悪性の可能性あるのでしょうか。治療では切る方法とレーザーで切らずに消す方法がありますが、切るとかなりの間絆創膏だらけになるようです。レーザーだと皮膚に穴が出来ます。美容整形で豊胸したいなど憧れもあると思いますが、ほくろの対応を先にした方がよいかもしれませんね。


  


Posted by ケンタ at 00:53

2007年08月15日

色素性母斑の小さなもの

ほくろとは、色素性母斑の小さなものなのです。色素性母斑とは、痣の一種で、別名黒あざといい、これの小さなものがほくろなのです。あざには他に、蒙古斑 血管腫などがあるようです。色素性母斑は、生まれつきの場合と、思春期からできる場合とがあるようです。皮膚の色素細胞が増加してできるもので、表面が平らなものや盛り上がっているもの、ザラザラしたもの、毛の生えたものなど色々あり、形やできる場所も多様のようです。
手足以外の部位にも悪性黒色腫ができることはありますので、心配なホクロがあるときは皮膚科の医師にご相談するのが一番いいと思います。半年ほど前に、背中にほくろができているのに気付いたのです。大きさは7mmほどで、膨らんでいるのです。色は茶色っぽく、表面は乾いているような気がするのです。急にできたほくろなので、悪いほくろではないかと心配です紫外線でほくろはだんだん目立ってきます。肌の色素の関係も有りますが、気になる様でしたら毎朝必ず日焼け止めを塗って出掛けるようにこころがけましょう。
自宅に帰った後も顔を洗い、ほくろの部分に日焼け止めを塗るようにしましょう。毎晩寝る前には化粧水で顔のお肌のクールダウンして、必要と感じるのでしたらな塗るのも効果的なのです。夜のお肌のケアが大切なのです。朝も、夜寝ている間に新しく出来た皮膚によって押し出された角質をしっかりと洗い流し、化粧水で肌に潤いをあたえましょう。これは女性だけでなく男性でも同じです。肌がガサガサだと顔の表情はぼやけてしまうのです。
しかし、放っておいても問題ないとはいえ、顔などの目立つ場所にほくろができてしまった場合は将来のことを考えて小さいうちに除去してしまうことを考えた方が良い場合もあるかもしれないと思います。基本的にほくろは自然に色が薄くなったり、消えていったりすることはないと言われているようです。もちろん数が増えたり色が濃くなったりはするらしいようです。そこで手術などをせずに、ほくろが薄くなったと効果が見られているものが、フォトフェイシャルと呼ばれるものなのです。
  


Posted by ケンタ at 16:45

2007年08月12日

もぐさでほくろを除去できる

もぐさでほくろを除去できるということは、結構知られている話だと聞いたこともあるのではないでしょうか。でも、本当にもぐさでほくろが取れるなら、家で手軽にほくろ除去ができるからかなり楽だと思います。単純黒子とは、メラノサイトがメラニン色素を過剰に生成した状態で、大きさは1~2mm程度と小さいものがほとんどのようです。見た目がしみと似ているため、見分けにくいこともあるようです。基本的には、レーザー治療で除去できるそうです。母斑細胞母斑とは、メラノサイトが増殖したものなのです。
ヒトがん遺伝子RASのメカニズムを説明すると、RASは正常細胞でありながら、遺伝子変異のために正常機能を失って、健全な細胞の染色体を霍乱して無期限に増殖するがん細胞へと変えていくことが特徴のようですが、この遺伝子はすべてのタイプの細胞をガンに変えるのではなく、不死化細胞と呼ばれる細胞だけに作用すると思わているようです。
化粧は治療部位にファンデーションなどが入らなければ当日からいいのです。時間と共に新しい皮膚が形成されてきますので、その時期になったら、その部分の化粧も可能んなのです。 ほくろは、治り方のスピードには当然個人差もありますし、ほくろの治療部位によっても異なるようです。
毎日少しずつでも続ける事が大切なのです。私の気にしているほくろは、数年前は薄いシミだったのですが、2~3年くらい前に気づいたら少し隆起してきていましたが、シミだったころからそんなに大きさは変わっていませんでした。そして、現在にいたるのですが、現在は大きさは変わってないと思うのですが、なんとなく、今度は色が濃くなってきたように思うのですが。これは悪性の可能性あるのでしょうか。治療では切る方法とレーザーで切らずに消す方法がありますが、切るとかなりの間絆創膏だらけになるようです。レーザーだと皮膚に穴が出来ます。

  


Posted by ケンタ at 15:08

2007年08月10日

日本人では

正確に言うと日本人では悪性黒色腫は四肢の末端部分に発生することが多いので、そのような場所にできたホクロには注意が必要です。という意味なのです。ほくろの注意する点は大きさと、色、形です。ほくろの大きさが5mm以下ならまず心配はいらないようです。ほくろの大きさが6mmを超えるものや、左右対称でないもの、境界部分がぼやけているもの、色が極端に濃いものや濃淡の目立つものなどは要注意なのです。
それから、火を扱うので、火傷する可能性があるということもあるようです。まぁ、少しくらい火傷しても、一大事というわけでもないので我慢、我慢でも、火傷には本当に気をつけるようにしましょう。もぐさは、色が濃かったり、平たいほくろには効きやすいと言われているようです。逆に、色が薄かったり、盛り上がっているほくろには、大きな効果は期待できなかも知れません。
普通は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトは、紫外線を浴びると活性化し、紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくり出すようです。こうなると人間の体は日焼けします。メラノサイトがなんらかの異常でメラニン色素を必要以上つくり出すと、ほくろになってしまうそうです。近年、環境破壊が進み、オゾン層が薄くなってきているのです。
もぐさは、ほくろ除去のお手軽な方法ですが、成功するかどうかは、それぞれのほくろに依存するのです。もぐさで取れないようならば、諦めてしまうか、レーザー治療や手術で切除することになるようです。もぐさって、普通、ツボ刺激用のものを思い浮かべますが、ほくろ除去用のもぐさがあるらしく、ほくろが取れるんだそうです。
  


Posted by ケンタ at 14:33

2007年08月08日

頭皮にあるほくろの

まずほくろの一番多いのは顔面鼻、まぶた、頬、眉、耳そして頚部首、上肢わきの下、腕、手や肩、胴体部分、そして下肢や手のひら、足裏の順になっているようです。頭皮にあるほくろの場合も頭髪に隠れてほくろが目立ちませんが、出来る人もいるようです。これらの結果を見て言えることは、皮膚にダメージを与える紫外線があたる部分にほくろはできやすいということなのです。
ヒトがん遺伝子RASのメカニズムを説明すると、RASは正常細胞でありながら、遺伝子変異のために正常機能を失って、健全な細胞の染色体を霍乱して無期限に増殖するがん細胞へと変えていくことが特徴のようですが、この遺伝子はすべてのタイプの細胞をガンに変えるのではなく、不死化細胞と呼ばれる細胞だけに作用すると思わているようです。
普通は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトは、紫外線を浴びると活性化し、紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくり出すようです。こうなると人間の体は日焼けします。メラノサイトがなんらかの異常でメラニン色素を必要以上つくり出すと、ほくろになってしまうそうです。近年、環境破壊が進み、オゾン層が薄くなってきているのです。
それによって、地上に降り注ぐ紫外線もどんどん増えているような気がします。つまり、以前よりも、ほくろが出来やすい環境のため、外に出る際には、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。日本人の場合、およそ100人に1人は足の裏にホクロがあると言われているようです。これがみんな癌ということはあり得ない事ですよね。
  


Posted by ケンタ at 17:18

2007年08月07日

日焼けや外的に

その後日焼けや外的にニキビなどの炎症などによって、刺激が加わることで、細胞がメラニンを生成し始めると色素が斑点として目に付くようになるようです。ほくろの種類もいろいろありますが、単純黒子というのがあるのです。メラニンを生成するメラノサイトという細胞が皮膚の浅い部分にあり、そこでメラニン色素を作り出した状態のほくろのことなのです。サイズは1~2mmほどの小さなものが多く、ほくろと見分けるのは素人では難しいようです。
それから、火を扱うので、火傷する可能性があるということもあるようです。まぁ、少しくらい火傷しても、一大事というわけでもないので我慢、我慢でも、火傷には本当に気をつけるようにしましょう。もぐさは、色が濃かったり、平たいほくろには効きやすいと言われているようです。逆に、色が薄かったり、盛り上がっているほくろには、大きな効果は期待できなかも知れません。
化粧は治療部位にファンデーションなどが入らなければ当日からいいのです。時間と共に新しい皮膚が形成されてきますので、その時期になったら、その部分の化粧も可能んなのです。 ほくろは、治り方のスピードには当然個人差もありますし、ほくろの治療部位によっても異なるようです。
ほくろは、色素細胞の腫瘍で、増殖をストップした初期のがんであると書いてありました。少し衝撃的でした。ほくろのいいがんと悪いがんの違いは2度と分裂するかしないかということです。ほくろが初期のがんって説明をしていますが、良性のほくろの場合はもちろん無害なので、問題はないと思います。その発生にはがんと同じであるが、変異した遺伝子が細胞を無秩序に増殖させるという意味でがんという言葉を使っているようです。

  


Posted by ケンタ at 00:26

2007年08月01日

日焼けや外的にニキビなどの

その後日焼けや外的にニキビなどの炎症などによって、刺激が加わることで、細胞がメラニンを生成し始めると色素が斑点として目に付くようになるようです。ほくろの種類もいろいろありますが、単純黒子というのがあるのです。メラニンを生成するメラノサイトという細胞が皮膚の浅い部分にあり、そこでメラニン色素を作り出した状態のほくろのことなのです。サイズは1~2mmほどの小さなものが多く、ほくろと見分けるのは素人では難しいようです。
紫外線の影響により、ほくろや皮膚そのものが変質する場合もあるといわれているようです。つまり露出の少ない部位にはあまり出来ないようです。この複合型は母斑細胞の一部分が皮膚の表皮との境界を越え深く広がったものをほくろの複合型というのです。このようにどこで母斑細胞が増殖するかで、ほくろのタイプが決まっているようです。複合型のほくろは幼少期から発症して増えていく傾向にあるのです。
自宅に帰った後も顔を洗い、ほくろの部分に日焼け止めを塗るようにしましょう。毎晩寝る前には化粧水で顔のお肌のクールダウンして、必要と感じるのでしたらな塗るのも効果的なのです。夜のお肌のケアが大切なのです。朝も、夜寝ている間に新しく出来た皮膚によって押し出された角質をしっかりと洗い流し、化粧水で肌に潤いをあたえましょう。これは女性だけでなく男性でも同じです。肌がガサガサだと顔の表情はぼやけてしまうのです。
それによって、地上に降り注ぐ紫外線もどんどん増えているような気がします。つまり、以前よりも、ほくろが出来やすい環境のため、外に出る際には、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。日本人の場合、およそ100人に1人は足の裏にホクロがあると言われているようです。これがみんな癌ということはあり得ない事ですよね。
  


Posted by ケンタ at 17:54

2007年07月30日

どのホクロが将来的に

どのホクロが将来的に大きくなるものかは見ただけでは判断できないようです。よってなるべく小さなうちに治療した方が跡もキレイですから、早めの治療をおすすめします。ホクロがガンであることは極めて稀なのです。ただし、急に大きくなったり、色素の染み出しが周囲へ広がる、出血するなどの症状がある場合、至急、専門のドクターの診断を仰ぐべきだと思います。
最新の高周波サージトロンは確実に素早く色素を分解するそうです。大きさにもよりますが、小さいほくろでしたら1つについて30秒くらいで終ってしまうそうです。あまりのあっけなさに患者様は拍子抜けされるようです洗顔・入浴などは治療当日からいいそうです。もちろん石鹸を使っていただいても構わないようです。むしろ、洗わずに消毒だけしている方がよほど不潔ですし、治りも遅くなると言われているようです。よく洗った後で乾燥しないように、軟膏を塗るようにしましょう。
それがチャームポイントであるとポジティブに受け止めることができれば、ほくろは悩みではなくなるのではないでしょうか。しかし、ほくろの大きさや場所によって、顔の印象がまったく変わってしまうことがあるようです。ほくろが気になってしまい、積極的になれないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。鎌倉時代の初期に色名のくろとコンタミネーションを起こしてははくろという語が生じて、ハワクロ、ハウクロ、ホウクロを経て室町時代の末期にホクロになったというのが通説があるそうです。
もぐさは、ほくろ除去のお手軽な方法ですが、成功するかどうかは、それぞれのほくろに依存するのです。もぐさで取れないようならば、諦めてしまうか、レーザー治療や手術で切除することになるようです。もぐさって、普通、ツボ刺激用のものを思い浮かべますが、ほくろ除去用のもぐさがあるらしく、ほくろが取れるんだそうです。
  


Posted by ケンタ at 10:20

2007年07月26日

医師の技術や

レーザー治療は、医師の技術やレーザー機器の性能、ほくろの症状によって大きく左右されます。もぐさでほくろを取るメリットは、自宅で自分で出来ることと、レーザー治療なんかより格段に安いということではないでしょうか。だめもとで試してみるのもいいかと思うのですが。レーザー治療なんかは、家族に反対されるかもしれませんが、もぐさならコッソリほくろを取れるので誰にも知られずにほくろを取りたい人はもぐさしかないのではないでしょうか。もぐさのデメリットは、確実にほくろを取れるかは保証できないということなのです。
単純黒子と判断できれば、おもにレーザー切除の方法があるようです。小さいほくろはレーザー除去もできるようです。大きいほくろの場合はレーザー切除も可能ですが、再発することも考えられるそうです。またほくろの除去してもくぼみの痕が残る場合もあるので、美容整形手術によるほくろ除去を行うことが多いと言われているようです。ほくろのなかでも、色素性母斑はメラノサイトを作る働きのある母斑細胞が重層したものなのです。ちなみに母斑を形成するメラノサイトを母斑細胞と呼ぶのです。
普通は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトは、紫外線を浴びると活性化し、紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくり出すようです。こうなると人間の体は日焼けします。メラノサイトがなんらかの異常でメラニン色素を必要以上つくり出すと、ほくろになってしまうそうです。近年、環境破壊が進み、オゾン層が薄くなってきているのです。
ほくろは、色素細胞の腫瘍で、増殖をストップした初期のがんであると書いてありました。少し衝撃的でした。ほくろのいいがんと悪いがんの違いは2度と分裂するかしないかということです。ほくろが初期のがんって説明をしていますが、良性のほくろの場合はもちろん無害なので、問題はないと思います。その発生にはがんと同じであるが、変異した遺伝子が細胞を無秩序に増殖させるという意味でがんという言葉を使っているようです。

  


Posted by ケンタ at 23:21

2007年07月24日

ほくろの一番多いのは

まずほくろの一番多いのは顔面鼻、まぶた、頬、眉、耳そして頚部首、上肢わきの下、腕、手や肩、胴体部分、そして下肢や手のひら、足裏の順になっているようです。頭皮にあるほくろの場合も頭髪に隠れてほくろが目立ちませんが、出来る人もいるようです。これらの結果を見て言えることは、皮膚にダメージを与える紫外線があたる部分にほくろはできやすいということなのです。
単純黒子と判断できれば、おもにレーザー切除の方法があるようです。小さいほくろはレーザー除去もできるようです。大きいほくろの場合はレーザー切除も可能ですが、再発することも考えられるそうです。またほくろの除去してもくぼみの痕が残る場合もあるので、美容整形手術によるほくろ除去を行うことが多いと言われているようです。ほくろのなかでも、色素性母斑はメラノサイトを作る働きのある母斑細胞が重層したものなのです。ちなみに母斑を形成するメラノサイトを母斑細胞と呼ぶのです。
不死化細胞とは遺伝子細胞以外の細胞では分裂できる細胞なのです早い子で生まれて半年、1年2年目ももちろん3歳になってからもできたりするそうです。生まれたての赤ちゃんにはほくろは一切ないとも言われていますが、実際には生まれつきほくろがある赤ちゃんもいますし、私自身も生まれつきと言われているほくろがあるようです。ですので、本当のところはどうなんだろうと言うのが本音なのです。赤ちゃんのうちにできるほくろで悪性のものは非常にまれと言われているようです。
そして現在では、生まれつきでも直径が1cm以上の色素細胞母斑はほくろとは呼ばず、一般に黒あざと呼んでいるそうです。それと、実際にはほくろは後天的にできるのが多いので、後天性色素細胞母斑と呼ぶ説もあるようです。後天的にできるという現象も、正確に言えば、ほくろ細胞としては、生まれつき持っていても小さかったり、色が目立たなかったりしているだけで、存在はしているものなのです。
  


Posted by ケンタ at 23:58

2007年07月13日

ほくろの一番多いのは

まずほくろの一番多いのは顔面鼻、まぶた、頬、眉、耳そして頚部首、上肢わきの下、腕、手や肩、胴体部分、そして下肢や手のひら、足裏の順になっているようです。頭皮にあるほくろの場合も頭髪に隠れてほくろが目立ちませんが、出来る人もいるようです。これらの結果を見て言えることは、皮膚にダメージを与える紫外線があたる部分にほくろはできやすいということなのです。
手足以外の部位にも悪性黒色腫ができることはありますので、心配なホクロがあるときは皮膚科の医師にご相談するのが一番いいと思います。半年ほど前に、背中にほくろができているのに気付いたのです。大きさは7mmほどで、膨らんでいるのです。色は茶色っぽく、表面は乾いているような気がするのです。急にできたほくろなので、悪いほくろではないかと心配です紫外線でほくろはだんだん目立ってきます。肌の色素の関係も有りますが、気になる様でしたら毎朝必ず日焼け止めを塗って出掛けるようにこころがけましょう。
普通は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトは、紫外線を浴びると活性化し、紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくり出すようです。こうなると人間の体は日焼けします。メラノサイトがなんらかの異常でメラニン色素を必要以上つくり出すと、ほくろになってしまうそうです。近年、環境破壊が進み、オゾン層が薄くなってきているのです。
毎日少しずつでも続ける事が大切なのです。私の気にしているほくろは、数年前は薄いシミだったのですが、2~3年くらい前に気づいたら少し隆起してきていましたが、シミだったころからそんなに大きさは変わっていませんでした。そして、現在にいたるのですが、現在は大きさは変わってないと思うのですが、なんとなく、今度は色が濃くなってきたように思うのですが。これは悪性の可能性あるのでしょうか。治療では切る方法とレーザーで切らずに消す方法がありますが、切るとかなりの間絆創膏だらけになるようです。レーザーだと皮膚に穴が出来ます。
  


Posted by ケンタ at 16:30

2007年07月12日

医師の技術や

レーザー治療は、医師の技術やレーザー機器の性能、ほくろの症状によって大きく左右されます。もぐさでほくろを取るメリットは、自宅で自分で出来ることと、レーザー治療なんかより格段に安いということではないでしょうか。だめもとで試してみるのもいいかと思うのですが。レーザー治療なんかは、家族に反対されるかもしれませんが、もぐさならコッソリほくろを取れるので誰にも知られずにほくろを取りたい人はもぐさしかないのではないでしょうか。もぐさのデメリットは、確実にほくろを取れるかは保証できないということなのです。
ほくろの治療は、早期にレーザー治療や形成手術を行うのです。爪の下、指先、足の裏、手のひらなどにある黒痣は、まれに悪性化することがあるので注意する必要があるようです。ほくろがまったくないという人は、ほとんどいないようです。誰もが持っているのです。そのほとんどは良性であり、ほくろを持っていることを気にすることはないようです。
自宅に帰った後も顔を洗い、ほくろの部分に日焼け止めを塗るようにしましょう。毎晩寝る前には化粧水で顔のお肌のクールダウンして、必要と感じるのでしたらな塗るのも効果的なのです。夜のお肌のケアが大切なのです。朝も、夜寝ている間に新しく出来た皮膚によって押し出された角質をしっかりと洗い流し、化粧水で肌に潤いをあたえましょう。これは女性だけでなく男性でも同じです。肌がガサガサだと顔の表情はぼやけてしまうのです。
そして現在では、生まれつきでも直径が1cm以上の色素細胞母斑はほくろとは呼ばず、一般に黒あざと呼んでいるそうです。それと、実際にはほくろは後天的にできるのが多いので、後天性色素細胞母斑と呼ぶ説もあるようです。後天的にできるという現象も、正確に言えば、ほくろ細胞としては、生まれつき持っていても小さかったり、色が目立たなかったりしているだけで、存在はしているものなのです。  


Posted by ケンタ at 23:56

2007年07月11日

古くからある切縫手術

まずは古くからある切縫手術があるようです。これはメスでホクロの周辺を切って縫う方法なのです。確実ではありますが、ホクロの直径より長い傷が残るようです。現在一般的な方法がレーザー分解なのです。これはレーザーのエネルギーでホクロを分解するのです。ただし、レーザーは光ですので、深さなどのコントロールが困難だそうです。そのため再発する可能性がかなりあるようです。その点、高周波サージトロンならコントロールしやすいため、確実な効果が得られ、仕上がりも非常にキレイだそうです。
また、ホクロを針などで長期間突っついたりして刺激を加えているとガン化することがあるとも言われていますので、そのようなことは絶対にしないでください。ほくろ除去の価格は、大きさによって変わるのです。直径5ミリ程度のほくろだと、1個取るのに大体5千円前後掛かると言われているようです。価格設定は病院によってまちまちなようです。
普通は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトは、紫外線を浴びると活性化し、紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくり出すようです。こうなると人間の体は日焼けします。メラノサイトがなんらかの異常でメラニン色素を必要以上つくり出すと、ほくろになってしまうそうです。近年、環境破壊が進み、オゾン層が薄くなってきているのです。
しかし、実際はほくろ除去が保険の適用外になることは、あまりないようです。レーザー治療は短時間で終了しますし、手術費用も数万円程度で、日常生活にあまり支障をきたさないため、非常に気軽に受診される方が多くなっているようです。そんなレーザー治療ですが、本当に簡単にほくろが取れるのかしんぱいではないでしょうか。実は、レーザー治療は、どんなほくろでも簡単に取れるというわけではないようです。あなたの周りにレーザー治療をしたけど、ほくろが取れなかったという方はいないでしょうか?  


Posted by ケンタ at 20:38

2007年06月30日

紫外線の影響により

ほくろのがんのことをメラノーマと呼ぶのです。つまり、ほくろに関して実際に気をつけなければいけないのは悪性のほくろのほうだと思います。メラノーマは高齢のほうがなりやすいですが、誰にでもなりうることなので心配であれば病院へ相談する事がいいと思います。手のひらや足裏のほくろに関して注意しなければならない点があるようです。
紫外線の影響により、ほくろや皮膚そのものが変質する場合もあるといわれているようです。つまり露出の少ない部位にはあまり出来ないようです。この複合型は母斑細胞の一部分が皮膚の表皮との境界を越え深く広がったものをほくろの複合型というのです。このようにどこで母斑細胞が増殖するかで、ほくろのタイプが決まっているようです。複合型のほくろは幼少期から発症して増えていく傾向にあるのです。
ただ、絶対に取れないというわけではなく、試してみると案外取れることもあるらしいので、とりあえずやってみるのもいいと思います。もぐさをすえたほくろは、1週間程度で自然に剥がれ落ちると言われているようです。肌の色も半年程度で自然な色に戻り、傷は残らないと言われています。
ケースによって違いますが、小さいものはレーザー治療も行えますが、5mm以上の盛り上がっている色素性細胞は再発したり治療痕がくぼんだりしやすいので切除手術をお勧めする場合が多いと言われているようです。ほくろは全身のほとんどの場所でできるのです。人によってほくろの多い場所は違いますが、比較的多い場所というのはあるようです。  


Posted by ケンタ at 15:59

2007年06月28日

単純黒子と判断できれば

ほくろとがんについてあいまいになりがちなようですが腫瘍が増殖を続けるのです。これが単純にがんの過程なのですが、ほくろの場合は腫瘍が増殖を続けるるようです。その後、突如増殖をやめるそうです。これが、ほくろのメカニズムなのです。この発見から新たな可能性が考えられるようになったのです体内で腫瘍が突然増殖を止めるのは体ががんから身を守っていることを示しているのようです。がんに対してもヒトが抵抗する可能性を示唆していると言われているようです。
単純黒子と判断できれば、おもにレーザー切除の方法があるようです。小さいほくろはレーザー除去もできるようです。大きいほくろの場合はレーザー切除も可能ですが、再発することも考えられるそうです。またほくろの除去してもくぼみの痕が残る場合もあるので、美容整形手術によるほくろ除去を行うことが多いと言われているようです。ほくろのなかでも、色素性母斑はメラノサイトを作る働きのある母斑細胞が重層したものなのです。ちなみに母斑を形成するメラノサイトを母斑細胞と呼ぶのです。
それがチャームポイントであるとポジティブに受け止めることができれば、ほくろは悩みではなくなるのではないでしょうか。しかし、ほくろの大きさや場所によって、顔の印象がまったく変わってしまうことがあるようです。ほくろが気になってしまい、積極的になれないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。鎌倉時代の初期に色名のくろとコンタミネーションを起こしてははくろという語が生じて、ハワクロ、ハウクロ、ホウクロを経て室町時代の末期にホクロになったというのが通説があるそうです。
毎日少しずつでも続ける事が大切なのです。私の気にしているほくろは、数年前は薄いシミだったのですが、2~3年くらい前に気づいたら少し隆起してきていましたが、シミだったころからそんなに大きさは変わっていませんでした。そして、現在にいたるのですが、現在は大きさは変わってないと思うのですが、なんとなく、今度は色が濃くなってきたように思うのですが。これは悪性の可能性あるのでしょうか。治療では切る方法とレーザーで切らずに消す方法がありますが、切るとかなりの間絆創膏だらけになるようです。レーザーだと皮膚に穴が出来ます。  


Posted by ケンタ at 18:55

2007年06月27日

なるべく小さなうちに

どのホクロが将来的に大きくなるものかは見ただけでは判断できないようです。よってなるべく小さなうちに治療した方が跡もキレイですから、早めの治療をおすすめします。ホクロがガンであることは極めて稀なのです。ただし、急に大きくなったり、色素の染み出しが周囲へ広がる、出血するなどの症状がある場合、至急、専門のドクターの診断を仰ぐべきだと思います。
日本人のほくろのがんの箇所の1位は手のひらや足裏だと言われているようです。欧米人は日本人の10倍ほど皮膚がんにかかりやすくさらに全身にちらばっているそうです。そういう意味では日本人は見つけやすい箇所にあり、恵まれているのではないでしょうか。ほくろの除去方法には4つあるようです。ほくろを深部から切除し、縫合する切除・縫合法レーザー除去には2つの方法があり、ほくろを除去後に縫合する必要のない炭酸ガスレーザー除去なのです。
不死化細胞とは遺伝子細胞以外の細胞では分裂できる細胞なのです早い子で生まれて半年、1年2年目ももちろん3歳になってからもできたりするそうです。生まれたての赤ちゃんにはほくろは一切ないとも言われていますが、実際には生まれつきほくろがある赤ちゃんもいますし、私自身も生まれつきと言われているほくろがあるようです。ですので、本当のところはどうなんだろうと言うのが本音なのです。赤ちゃんのうちにできるほくろで悪性のものは非常にまれと言われているようです。
しかし、実際はほくろ除去が保険の適用外になることは、あまりないようです。レーザー治療は短時間で終了しますし、手術費用も数万円程度で、日常生活にあまり支障をきたさないため、非常に気軽に受診される方が多くなっているようです。そんなレーザー治療ですが、本当に簡単にほくろが取れるのかしんぱいではないでしょうか。実は、レーザー治療は、どんなほくろでも簡単に取れるというわけではないようです。あなたの周りにレーザー治療をしたけど、ほくろが取れなかったという方はいないでしょうか?  


Posted by ケンタ at 16:28

2007年06月26日

色素性母斑

ほくろとは、色素性母斑の小さなものなのです。色素性母斑とは、痣の一種で、別名黒あざといい、これの小さなものがほくろなのです。あざには他に、蒙古斑 血管腫などがあるようです。色素性母斑は、生まれつきの場合と、思春期からできる場合とがあるようです。皮膚の色素細胞が増加してできるもので、表面が平らなものや盛り上がっているもの、ザラザラしたもの、毛の生えたものなど色々あり、形やできる場所も多様のようです。
単純黒子と判断できれば、おもにレーザー切除の方法があるようです。小さいほくろはレーザー除去もできるようです。大きいほくろの場合はレーザー切除も可能ですが、再発することも考えられるそうです。またほくろの除去してもくぼみの痕が残る場合もあるので、美容整形手術によるほくろ除去を行うことが多いと言われているようです。ほくろのなかでも、色素性母斑はメラノサイトを作る働きのある母斑細胞が重層したものなのです。ちなみに母斑を形成するメラノサイトを母斑細胞と呼ぶのです。
そして、WHO分類では色素性母斑だけは良性腫瘍扱いになるようです。はじめは単純黒子と同じくらい小さくほくろのようですが、次第に大きくなったり盛り上がったりすることもあるようです。色も肌色のように目立たないものから、薄茶色であったり様々なようです。母斑細胞は皮膚の表面近くに盛り上がるものから、奥深くに増殖するものもあるようです。
一般的に顔にある小さなホクロなら、約1週間程度で治療部位に新しい皮膚が形成されてくるそうです。1ヵ月もするとかなり落ち着いてくるそうです。皮膚が形成されてきたら、化粧などでうまくカバーしておけば、それ程気にはならなくなるそうです。ホクロは大きさが変化しないものもありますが、中には徐々に大きくなるものもあるようです。  


Posted by ケンタ at 19:52

2007年06月26日

悪性黒色腫は四肢の末端部分に

正確に言うと日本人では悪性黒色腫は四肢の末端部分に発生することが多いので、そのような場所にできたホクロには注意が必要です。という意味なのです。ほくろの注意する点は大きさと、色、形です。ほくろの大きさが5mm以下ならまず心配はいらないようです。ほくろの大きさが6mmを超えるものや、左右対称でないもの、境界部分がぼやけているもの、色が極端に濃いものや濃淡の目立つものなどは要注意なのです。
最新の高周波サージトロンは確実に素早く色素を分解するそうです。大きさにもよりますが、小さいほくろでしたら1つについて30秒くらいで終ってしまうそうです。あまりのあっけなさに患者様は拍子抜けされるようです洗顔・入浴などは治療当日からいいそうです。もちろん石鹸を使っていただいても構わないようです。むしろ、洗わずに消毒だけしている方がよほど不潔ですし、治りも遅くなると言われているようです。よく洗った後で乾燥しないように、軟膏を塗るようにしましょう。
水に反応してまぎらわしいほくろを除去してくれます。さらにほくろの周りの組織を傷つけることもないようです。そして、もう1つがメラニンに反応するQスイッチヤグレーザー除去法があるようです。くりぬき除去法という方法は、レーザーで除去してしまうと診断できないほくろかほくろのがんのメラノーマかを見極めるためにくりぬき検査する方法なのです。
毎日少しずつでも続ける事が大切なのです。私の気にしているほくろは、数年前は薄いシミだったのですが、2〜3年くらい前に気づいたら少し隆起してきていましたが、シミだったころからそんなに大きさは変わっていませんでした。そして、現在にいたるのですが、現在は大きさは変わってないと思うのですが、なんとなく、今度は色が濃くなってきたように思うのですが。これは悪性の可能性あるのでしょうか。治療では切る方法とレーザーで切らずに消す方法がありますが、切るとかなりの間絆創膏だらけになるようです。レーザーだと皮膚に穴が出来ます。  


Posted by ケンタ at 17:51